プロフィール

フォトアルバム

かどや製油㈱

かどや製油公式ブログ「とうがらし成長日記」へようこそ。小豆島の産物にこだわった鷹の爪を「JA香川」とコラボレーションして、栽培しています。かどや独自の伝統を生かした商品への企画、開発の準備を進めていきたいと考えていますので、鷹の爪の成長日記、ぜひご覧ください。

かどや製油ホームページ

かどや製油HP

2016年12月26日 (月)

唐辛子でHOTなお鍋

今回は唐辛子を使用したHOTな鍋のご紹介♪

と言ってもお鍋のダシは昆布からとったシンプルな和風ダシ。
お野菜をたっぷり入れてグツグツ煮込みます。
早くできないかな~shine

1

お鍋の相棒heart01たれは手作り含め3種類を用意。

①小豆島産唐辛子を使用したピリ辛風味の手作り「唐辛子だれ」

 作り方は簡単。
 ・醤油大さじ2
 ・酢大さじ1/2
 ・乾燥赤唐辛子約1本 ※激辛がお好みの場合は5本でも(笑)
 ・チューブのにんにくを少々。
 ポイントは半日以上置く事で辛味を出す事。

2見るだけで辛そうだわ~wobblysweat01

②生姜がお口いっぱいに広がる手作り「生姜だれ」
 作り方は…
 ・生姜の粗みじん20g
 ・長ねぎの粗みじん10g
 ・酢大さじ1
 ・醤油、純正ごま油は各大さじ1/2
 ・砂糖、粗塩は各小さじ1/2

3

③ごまの風味とタレの甘さがお口に優しい「ごましゃぶだれ」

 ごめんなさい!今回は既製品を購入で

4お鍋を囲んで「いただきま~す!」

各自、お好みのタレでお野菜とお肉を食べ始める♪

唐辛子だれが気にいったM子さんは
「唐辛子の辛さと野菜の甘さが美味しい~」

生姜だれが一番のお気に入りのY美さんは
パクチーに豚肉を巻いて
「生姜風味とお肉の相性が良いよ~。唐辛子とは違う辛さで体が温まる~。」

甘いものが好きなA子さんは
お肉も野菜もごまだれが一番食べやすい!
お箸が止まりません(笑)


今回は出来たてのお鍋の写真しかないけど…
パクチー、レタス、豆苗・お肉の他に魚肉ソーセージ等も。
普段お家の鍋では入れない食材も試してみました。
どの食材も3種のたれと相性は抜群!

5今回は唐辛子を使って鍋のたれを作りましたが、

次回は唐辛子を使ったお菓子作りに挑戦してみたいです~goodshine

2016年12月 8日 (木)

新商品の試食会♪

先日ご紹介した新発売の通販限定商品、

「手摘み唐辛子ちりめん佃煮」と「手摘み唐辛子帆立貝ひも佃煮」。

1

寒い冬を乗り切ろうと、小豆島工場の昼食の時間に、ホットな試食会を行いました!

まずは、「手摘み唐辛子ちりめん佃煮」をご飯の上に乗せて…

いただきま~す!!

2う~ん!甘辛のちりめんに、唐辛子のピリ辛パンチが効いていて、おいしいhappy02

3ご飯がすすみます!

お次は「手摘み唐辛子帆立貝ひも佃煮」をパクリ。

こちらはそのままでも食べられるくらいの旨辛で

噛むほどに帆立貝ひもの旨味が出て、唐辛子のピリ辛とマッチ!

食べていたら、なんだかだんだん熱くなってきたかも…sweat01

唐辛子に含まれるカプサイシンが身体を内側から温めているのかな!?

ごはんのお供に、お酒の肴に…みんなでワイワイ話しながら

食べてもらえるといいなぁ(*´▽`*)♪

小豆島で育てた唐辛子と伝統のお醤油を使って、ピリ辛好きの方におすすめの一品に仕上がりましたdiamonddiamond

どちらも旨辛でおいしいかったです!みなさんのお気に入りはどちらでしょう?heart01

2016年11月28日 (月)

新発売!手摘み唐辛子 佃煮2袋セット(ちりめん1袋・帆立貝ひも1袋)

本格的な冬に向けてどんどん冷え込みも厳しくなってきましたねtyphoon

朝、布団から出るのがつらい今日このごろsad

 

そんな時季にかどやからホットなお知らせですimpact

唐辛子新商品第3弾!!

 

今年の9月頃から手摘みで一本一本収穫した

赤青色鮮やかに実った唐辛子を使って

「ご飯のお供はもちろん、お酒の席にも美味しく

召し上がっていただける佃煮」の開発に挑みましたwinkshine

 

何度も試作を繰り返し、ようやく完成したのがこちらsign01

Photo手摘み唐辛子ちりめん佃煮

Photo_2手摘み唐辛子帆立貝ひも佃煮

 

 

瀬戸内産のちりめんや北海道産の帆立貝ひもを加え、

小豆島伝統の本醸造醤油で丁寧に炊き上げました。

Photo_4

わぁ~wobbly蒸気がすごい!!

 

 

 

ごはんはもちろん!

_

 

お茶漬けやjapanesetea

__2 

 おにぎりriceball

___2

 

お酒の肴にもbottle

___3

 

噛めば噛むほど味わい深く、ごまの香りと

唐辛子のピリ辛がたまらない逸品に仕上がっていますgood

毎日の食卓にはもちろん、年末年始でご家族様がお集まりになるときの

一品としてもピッタリですよ~happy02heart04

ぜひ皆さんこの機会にお試しくださいっnote

 

 

商品名:手摘み唐辛子 佃煮2袋セット(ちりめん1袋・帆立貝ひも1袋)

内容量:各50g

価 格 :1,000円(税込1,080円)

※商品金額合計が5,400円(税込)未満の場合は、

  送料・手数料がお客様負担となります。

 

【ご注文・お問い合わせ先】

通信販売専用フリーダイヤル:0120-50-5526 (受付時間9:00~20:00)

2016年11月 4日 (金)

ほのピリ辛な、黒ごまふりかけ♪

今日は、某雑誌でのタイアップでご紹介した「黒ごまふりかけ」を作ってみました!
すりごまと、唐辛子を粉砕したもの(いわゆる一味唐辛子ですね☆)を使います。

今回使ったすりごまはこちら!かどや製油の「香(かおり)すりごま黒」。
香ばしく煎った黒ごまを丁寧にすりつぶした、ソフトな歯ざわりのすりごまです。

どーん。(大きい画像で失礼します)

150126_55g_2

まず、すりごま黒と塩をフライパンに入れ、弱火でから煎りします。

1煎っていると、黒ごまのこうばしい香りがふわ~~っとしてきて、

早くも食欲がそそられます。

「香(かおり)すりごま」はその名の通り“香り”にこだわったすりごま。

ご家庭で煎ると、ますます煎りたてのこうばしい香りが際立ちます!

そこに唐辛子の粉末とお醤油を加えてさっと炒め、

最後に鰹節を加えて混ぜたらできあがり。

2ほかほか~

これを唐揚げなんかにパラパラっと振りかければ、
定番メニューがちょっぴりスパイシーで、こじゃれた感じの一品に!

3

口に入れた瞬間ごまのこうばしさがフワッと広がり、
少しの塩分と、ほのかなピリッと感が絶妙で…お箸が止まりません!

ちなみに私社員N、翌日の夕食メニューがたらこパスタだったのですが。
試しにこの「すりごまふりかけ」をかけてみたら…

香ばしさとピリッと感が加わって、意外なほどおいしかったです!

麺類全般には、間違いなく合いそう。

まだまだあるので、色々なお料理にかけてみたいと思います。

唐辛子は「辛い!」というほど入れずに、「ほんのり辛い」程度に入れるのが、

すごく好み…かも。heart01

ではまた♪

2016年9月27日 (火)

今年も収穫の季節がやってきました^^

秋の気配が少しずつ近づいてきたこの頃。

農家さんから「収穫をしますよ~」とお電話をいただき、お手伝いにいってきました!

今年は雨が少ない小豆島。

夏の日差しをたっぷり浴びて、とうがらしたちは赤く色づいていました。

2去年よりも色付くペースが速いsweat01

さぁて、収穫のスタート!よろしくお願いします(^^)

今回は、工場のメンバーだけでなく、東京の本社からも助っ人が!

雨雲を見計らいながら、2日間かけて収穫しました。

赤、青とうがらしを1つ1つ丁寧に手摘みしていきます。

4収穫はめったにない貴重な経験。

農作物を育てる大変さを感じながら、黙々と作業を続けます!

集中していたら時間もあっという間。

終わってみると、半そで半ズボンは蚊にかまれてかゆい~sad日焼けもいたい~sad

でも自然に触れながら作業ができて気持ちよかったですshine

唐辛子の木には小さな青とうがらしや花芽がちらほら。

3また2回目も収穫できそう!

これから来る台風に負けずに、元気に育ってね(*´▽`*)

2016年9月 6日 (火)

とある社員の一日。

社員Mさんは現在、家族と離れて単身赴任中。

今回はそんなMさんに、食事風景を紹介してもらいました。

========================================

単身者の食事は寂しいものです。

しかし最近手に入れた「焙煎ごまラー油 海の幸入り」が

その食事を少し楽しませてくれています。

9月に入りましたが、暑い日が続いています。

少々夏バテ気味で食欲がない。でも食べないと。。。

そこで、いつも食べているカップラーメンに、

「焙煎ごまラー油 海の幸入り」を入れてみました。

Ramen

エビの香りが!ラー油の辛みが!

いつもの味が変化して、食欲が無かったのが嘘のように、あっと言う間に完食。

・・・急に食欲が出てきた。足りない。もっと食べたい。

Tofu

豆腐 + ねぎ + 醤油 + 焙煎ごまラー油。

これまたうまい。エビの香り、唐辛子の辛み、具材の食感を楽しみながら、またまた完食。

夜は少し健康を意識して、野菜を摂ろうとサラダうどん。

Salad

麺は「黒ごまうどん」。 野菜をのっけ、麺つゆをぶっかけ、

またまた焙煎ごまラー油をかけ、おいしく頂きました。

単身者の食事はわびしいものです。そんな食事を楽しむ

1つのアイテム「焙煎ごまラー油」、

これからもいろんなものにかけて楽しみ、ご紹介できればと思っています。

========================================

通販限定の「焙煎ごまラー油」、一人暮らしの食卓でも大活躍のようです。

これから涼しくなってきたら、お鍋なんかにも良さそうですねshine

それでは、また次回~paper

2016年8月23日 (火)

小豆島産とうがらし×フルーツ。

フルーツに塩と唐辛子とつけて食べると美味しい!?

という噂を聞いたので、やってみました。

小豆島産の唐辛子を乾燥したものを、まずは細く刻みます。

Photo

そこに塩を少々ふり入れ、パイナップルに付けて、いただきます…(おそるおそる)

Photo_2

!!(゜ω゜)

塩味でパイナップルの甘さが引き立って、おいしいです!
そして後から唐辛子の辛さがじわじわと来て…結構辛い。
これはおつまみになります。

次は、さらにシナモンを追加してみました!

Photo_3うーん、スパイシ~。辛味にシナモン香りの香りが加わって、南国っぽいです。

最後は粗挽き黒胡椒をプラスで。

Photo_4

これもまたおつまみ感がすごい!
南国料理なんかのお店のメニューにあってもいいんじゃないかな?と思いました。

フルーツと唐辛子が合うとは…。

唐辛子の可能性、量り知れません(☆ω☆)

2016年7月27日 (水)

とうがらしの成長と、小豆島工場での昼食風景♪

いよいよ夏本番の小豆島!
定植した頃は手のひらくらいだったとうがらしの苗も、
梅雨の恵みの雨と初夏の日差しを浴びてぐんぐん大きく育っていますsun

2_2

無農薬なので雑草たちもぐんぐん。

農家さんから「草抜きの手伝いに来て~」とお電話をいただき、
応援に駆けつけましたdashdash

1

とうがらしの白くて可愛らしい花があちこちで咲いています✿
小さな実もついていました!

3

いよいよ夏がきます。

たくさんの日差しを浴びて、もっとたくさんの実を付けていきます。

台風に負けずに、大きく育ちますように!

さてさて、前回のブログでは「手摘み唐辛子焙煎ごまラー油 海の幸入り」をご紹介しました。
今回は、小豆島工場の昼食で試食!

4

この日のメニューは「冷やしうどん」と「かきまぜご飯」。

かき混ぜご飯はにんじん、ごぼう、こんにゃくなどが入った島の郷土料理で、
工場のみんなも大好きなメニューですnote

5

冷やしうどんをぶっかけにして、その上から「焙煎ごまラー油」を3匙かけて…

「うまい!」のひとこと頂きましたhappy02

らー油に入っている海老やじゃこの風味と、
つゆのかつおの風味がマッチしているとの感想もnotes

暑い夏に食欲アップ!冷たい麺がおいし~いshine

7_2とうがらしパワーで暑い夏を乗り切るぞ~~sunrock

2016年7月11日 (月)

新発売!手摘み唐辛子 焙煎ごまラー油 海の幸入り

かどやからこの夏の麺料理をさらに美味しくする

「麺専用かけるラー油」のご紹介ですhappy01shine

 

小豆島手摘み唐辛子 第2弾sign03

「手摘み唐辛子 焙煎ごまらー油 海の幸入り」

 

どーんッ!

Photo

 

かどや自慢の焙煎ごま油に

唐辛子をはじめ、えびやちりめん、にんにくなど、

7種類の厳選旨味・風味食材をブレンドし、

香り「ふわ~」旨味「じゅわ~」と広がる逸品に仕上げましたhappy02heart01

Img23_2

 

スプーンで具材をよーくかきまぜて、

麺やつけだれにかけて食べると

焙煎ごまと海の幸の香り、そしてまろやかな辛みが食欲を刺激しますcatfacenote

試食会でも大絶賛のかどやこだわりの「麺専用かけるラー油」。

 

これからどんどん暑くなると麺料理ばかり食べてしまう夏に

いかがでしょうかsign02wink

素麺はもちろん、冷麦や冷やし中華、やきそばなどにかけて食べると

よりおいしくなりますよgoodflair

 

ぜひ皆さんお試しください(^^)/

Img32

 

1,000個限定生産の為、オンラインショップでは掲載しておりません。

お買い求めご希望の方は

下記通信販売専用のフリーダイヤルにてお電話ください。

 

商品名:手摘み唐辛子 焙煎ごまラー油 海の幸入り

内容量:115g

価 格 :1,200円(税込1,296円)

※商品金額合計が5,400円(税込)未満の場合は、

送料・手数料がお客様負担となります。

【ご注文・お問い合わせ先】

通信販売専用フリーダイヤル:0120-50-5526

2016年6月13日 (月)

定植作業♪

小豆島では田植えも終わったこの季節。

4月から温室ですくすくと育ったとうがらしの苗たちも、しっかり大きくなりました。

9

今日は畑へ定植、ということで我々とうがらし隊も、お手伝いにいってきました!

~肥土山の畑~

まずは雑草の対策のためにマルチ(シート)をかけて、

とうがらしを植える穴を開けて準備します。

そしていよいよ定植!

4えい!

マルチの穴にとうがらしの苗をぎゅぎゅっと植えていきます。

肥土山のみなさんと一緒に作業を続けること2時間、約500本の苗を植えました!

7最後にお水をあげて定植は終了!

少し育つまで、様子を見ます。

次回は支柱立てをします♪